四日市市の剣道・居合道 和道館

居合道とは

居合道とは剣道や柔道と同じように、現代においても伝承され、多くの人に学ばれている武道の一つです。
その特徴の一つとしては、『型』による稽古を行う武道であるということです。

相手の不意の攻撃に対して、一瞬をおかずに刀を鞘から抜きつつ、その相手の攻撃を封じ制していく。その一連の動きを型とし、その型を繰り返し稽古して心身を鍛えていくことが居合道の稽古の大きな特徴です。


※最終的には刀を抜かずとも、相手を制することが居合道の目指すところです。

居合道の魅力

・剣道のように相手と激しく打ち突きかわし合う身体接触がないので年輩者または女性でも入りやすい武道です。

・狭い場所でも一人で稽古ができます。

・日本刀(初心者は模擬刀でも可)の神秘さにも触れる事ができます。

・居合の稽古で、正しい姿勢を身につけて健康的な身体になります。

・居合道は礼・作法を重んじます。自然に日本人としての作法を身に付けることができます。

稽古日

曜日:火・木

時間:19:00〜20:30

不定期ですが、朝稽古も行なっております。(10:00〜11:30)

※月・水・金は剣道の稽古日となっております

稽古内容

現在、居合愛好者は古くから伝わる各流派(これを古流と言う)と全日本剣道連盟が制定した居合(全剣連居合)の二本立てで行っています。又、そうする必要があります。当道場の流派は新陰流です。

ほとんどの方が初心者から入会されています

居合道は老若男女に関係なく、どなたにでも無理なく、学ぶことができる武道です。当道場でも男女さまざまな年代の方が楽しく稽古に取り組んでいます。


ほとんどの方は剣道や他の武道の未経験者から居合道を始められています。そして、それぞれ目覚しい上達をされていますので、安心して入門いただけます。

新着情報